ミニマリスト、貯金、メンタル。

現金よりキャッシュレスのほうが圧倒的に節約できる「たった一つの理由」

キャッシュレス

お金があればあるだけ使ってしまう。貯金ゼロどころか、生活費に困って借金までつくる始末。

そんなかめさんが長年節約できなかった原因、それは「自分が持っている金額を把握していなかった」からでした。

自分がいくらお金を持っているのかをぼや~っとしか把握していなかったため、お金に対する危機感がなく、欲しいものはガマンせずにすぐに買ってしまうクセがありました。

節約できるようになった最初のキッカケは、財布の中のお金を1円単位で記録することでした。

一日の終わりに財布の中のお金を全部数えて、スマホのメモアプリに記録します。すると数字としてハッキリ目に見えるため、「今月あといくらしか使えない」という危機感が生まれ、徐々に節約できるようになっていったのです。

お金の残高
メモアプリ『Evernote』を使用

最近は現金からキャッシュレスに移行して、ますます節約しやすくなりました。

なぜなら「ひと目で残高がわかる」からです。

キャッシュレスはお金を使った瞬間にリアルタイムで数字が更新されます。電子マネーやネットバンキングはアプリを立ちあげるだけで簡単に確認できるので、現金のようにいちいち数える必要がありません。

(クレジットカードは購入履歴がリアルタイムに把握できないばかりか、一ヶ月後の引き落としになってしまうので極力使わないようにしています。代わりに、銀行口座から即引き落としされるデビットカードを愛用しています。)

金額さえ把握すればすぐに節約できるようになるかと言うとそうではなく、かめさん的には「残高を把握する」ことに加え「予算を決める」ことが節約するうえで欠かせない要素だと考えています(そのあたりの話はまた次の機会に)

とは言え、危機感を感じないことにはなかなか行動に移せないと思うので、節約の第一歩として「リアルタイムで残高を把握できるキャッシュレス」はいいキッカケになるんじゃないかな、というのが現在のかめさんの見解です。