「文章を鍛える」という人生の目的ができた瞬間

きっかけはパートナーの一言だった。

「さとのかってホント書く文章が面白いよな~」

長年、頭にかかっていた重たい霧がパァっと晴れた瞬間だった。そうか、わたしは文章が得意だったんだ――。

さとのかは子どもの頃から文章を書くのが得意だった。

書いた作文はよく賞に選ばれたし、高校生のときは論文の点数だけで国公立大学に合格した。会社に勤めていたときはメールの書き方を先輩や上司から褒められたし、歴史系のアフィリエイトブログを書いたときは「わかりやすい!」と何人もの人に言ってもらえた。

いま思い返すと立派な強みだ。それなのに、「わたしには何の取り柄もない……」とずっと思い込んでいた。

「テキトーに文字を埋めるのは得意だけど、書いてることは浅いし、別に好きでもない」とスルーしていた。

もったいな!

「文章を書くのは苦手」という人が多いなか、苦もなく書けることは大きな強みに違いない(文章のうまいヘタは別として)

わたしにも、ちゃんと強みがあったんだ。

よく耳にする、

「強みは自分では気づきにくい。なぜなら本人が当たり前にやっていることだから」

という言葉は本当だったのだな。

パートナーの一言がなければ、一生自分の強みに気づけなかったかもしれない。

無気力だったわたしに、「文章を鍛える」という人生の目的ができた瞬間だった。